2012年1月29日日曜日

『童年往事』  藤家具に込められた望郷の思い



親戚のおばぁが亡くなった。

我が家を訪ねるたびに籐椅子に深く腰掛け、幼い僕の話をウンウンとうなずきながらいつまでも聞いてくれる…そんな優しい人だった。

2012年1月22日日曜日

『アンを探して』にみる中原淳一の挿絵、そして絵を描くこと



『アンを探して』(2009年、宮平貴子監督)は、急逝した祖母の初恋の相手を探すために、カナダのプリンス・エドワード島を訪れる17歳の少女の物語。

本作はタイトルを見れば分かると思うが、小説「赤毛のアン」が重要なモチーフとなっており、他にもバラの花、自転車など、魅力的な小道具がたくさん登場する。特に気に入ったのは、祖母役の吉行和子さんのナレーションとともに映し出される中原淳一の挿絵だ。